CD&DVD

最近注目のCD/DVD/アーティスト

NEXT

2007年1月27日
以前からヒーリングMUSICは良く聞いていたが、最近買ったCDの中でいいな〜と思った物を調べてやっと手にいれた。

「CALL OF THE MYSTIC」
       Karunesh

と言うものである。一曲目のFor the Joy of it all と言う曲がいい。
シタールのちゃらちゃらちゃ〜んというラーガで始まり・・・途中から
何とも言えないマイナー調のメロディーが流れてくる・・・・。
静かな夜、コレを聞いていると何とも言えず癒される!!

戻る

http://www.realmusic.com/a_karunesh.htm

There is a stillness, a point of balance, from which all movement stems, just as there is a place of silence from which all sound emanates. On Call of the Mystic, Karunesh has established such a base from which many wondrous instruments and sounds leap into joyful expression. Beautifully played bells, chimes, Tibetan bowls, sitar, sarod and Chinese instruments, bansuri flute and Indian violin come alive in a symphony of celebration -- an offering, a meditation, a delightfully mystical calling, irresistible to heart and mi

http://www.realmusic.com/i_karunesh_call.htm

右のページでさわりが聞けます。

そこには静寂があり、はるか遠いどこかを連想させます。 MysticのCallでは、Karuneshは多くの素晴らしい楽器と音が楽しい表現に飛び込むそのようなベースを確立しました。 ベル、チャイム、チベットのボール、シタール、sarod、中国の楽器、bansuriフルート、およびインディアンのバイオリンなどを巧みに取り入れてその世界を作り上げた。


フィルウッズ(A・Sax)ジョンウィリアムス(P)他 VICJ-41543\1,800(税込)

.1. ウッドロア(テイク3)
2. フォーリング・イン・ラヴ・オール・オーヴァー・アゲイン
3. ビー・マイ・ラヴ
4. オン・ア・スロー・ボート・トウ・チャイナ(テイク3)
5. ゲット・ハッピー
6. ストローリン・ウィズ・パム
7. ウッドロア(テイク1)
8. ウッドロア(テイク2)
9. オン・ア・スロー・ボート・トゥ・チャイナ(テイク1)
10. オン・ア・スロー・ボート・トゥ・チャイナ(テイク2)

フィルウッズ(Asax)はいわゆるJAZZ・SAXの神様チャーリーパーカー(A・sax)直系の名手であり、その全盛期の傑作アルバムがこれである。今回ビクターから別テイクを含めて再発売になった。
ただただよどみなく出てくるフレーズに圧倒される・・。4曲目は特に有名な曲で色々な人が吹いているが、フィルの
湧き出てくる、何の心配も無い、何の迷いも無いフレーズはただ聞きほれるしかない・・・。
アドリブフレーズを吹く時、誰しもが良く吹いてやろうとする・・・、そういう演奏には硬さがありギクシャクする。
聞いてて疲れるのである。やっぱり、力まず自然体で吹いているものは後まで残る。
4曲目は確かにいいが、私は2曲目のちょっとスローな曲が好きだ!力が抜けていてリラックスして実に気持ちよさそうに吹いている。こう言う時、SAX吹きは曲の中に溶け込み、ただひたすらにそのメロディー/フレーズを湧き出させるのだ。何も要らなくなる、音だけ、ただひたすらにそれに乗って進むのであり至福の時である。音の波の余韻を残して・・・。

7月6日2008年

今宵は全く知らないプレーヤーの試聴をしている。徐々に、ここで紹介するとしよう。
まず、ハンガリーのピアニスト「ロバート・ラカトシュ」・・・。
全く知らなかったが、実にいい!何がいい?
まずタッチがいい、スイング感がいい、音がいい。

店の人はこう表現している。
*ハンガリーが生んだ天才が本領を発揮した。類まれなる美音と一皮むけたスイング感で魅了する傑作誕生。

このCDのタイトルは、You and the Night and the music
下でさわりを試聴できる。私は2曲目がいいので注文した。
ジャケットがコピーできないので、下の所でチェックを!
 
http://www.jazz-sawano.com/index_f.html?176,as

8月25日(日) 最近聴いているヨーロッパのJAZZ!肩が凝らなくて爽やかで温かいピアノトリオだ。


ここで試聴/調達している。
http://www.jazz-sawano.com/
スタンダードが多く、前衛的なものはほとんど無い。
ちなみに選んだのは,

*ロバート・ラカトシュTrio :
You and the night and the music
http://www.jazz-sawano.com/index_f.html?177,analog (試聴可)

*ヨス・ファン・ビーストTrio 
SWINGIN’SOFTLY
http://www.jazz-sawano.com/index_f.html?073,as (試聴可)

Everything For You
http://www.jazz-sawano.com/index_f.html?019,as (試聴可)