静音PCへのアプローチ

静音化の123…


PCの内部を変更せずにできることがあります
T PC本体とディスプレイ装置を離します。
置き場所の工夫で、PC騒音はかなり軽減できますが、くれぐれもPCの冷却に必要な空気量を確保してください。PCの通気口を塞がないように…。
@ もし机の上にPCがあるのなら、机の下に置いてみては如何でしょうか?キーボードの置台が、PCの騒音を効果的に遮りますので、効果を実感できると思います。
A さらにPC本体をディスプレイ装置から離す、押し入れに入れる、別室に置くなどの方法。VGAケーブルやマウス、キーボードのケーブルを延長します。(VGAケーブルは2mで切替器に中継させて4m、マウス・キーボードの延長ケーブルは4mまであります)私の持っているVGA切替器は増幅回路を内臓していて、ケーブルを長くした場合でも画質は落ちませんでした。マウス、キーボードはワイヤレスという手もあります。押し入れに防音処理をしている人もいるようです。
U 防音シートを被せたり、防音用の衝立てを作って音を遮れば、騒音を軽減することもできると思います。(防音シートを被せることは、DVDをとても静かに見たい場合にやる事があります。)
→東レの防音材 http://www.toray-mono.com/bohon/bohon.html
V ソフト的な対策 → *1「Customize infoのSilent toolの紹介」を参照してください。
すでに上記のサイトがあるので、ここでは詳しく説明しません。
@ HDDの静音化ツール→IBM Feature Tool  など。 検索キーワード「IBM Feature Tool(ツール名) 使用方法」
A 休止、スタンバイ、HDDを止める→コントロールパネルから電源オプション、BIOSの設定(POWER)
あまり頻繁にHDDを止める設定にすると不便だし、HDDに負荷がかかると思います。
B CD・DVDの再生時速度をソフト的に変更するツール→SetCDSPDなど。
C 仮想CD 検索キーワード「仮想CD daemon clonecd」、新しいバージョンはDVD対応とのこと。
D 起動時のFDアクセスをBIOSの設定(BOOTメニュー)で抑止する。
E ファンの回転数をコントロール→Speedfanなど。[CustomizeInfoのSpeadfanを試す」を参照してください。
F ソフトウェアCPUクーラー、AMDのCPUのIDLE時に発熱を抑えます。私はCPUCOOLCOOLONを使用しています。
マザーボードによって効果がない、ゲーム時こける、性能が落ちるといった事もありますが、場合によっては15度以上冷える場合もあります。ただしこの機能が効力を発揮すると、僅かですが電源ユニットから高周波音が発生する可能性が高いです。


PCの騒音源とその対策
PCからはいろいろな音がしますが、いつも発生している音、マシンの起動・終了時にだけ発生する音、FDやCD/DVDの使用時の音に分けられます。だれしも、そのときだけの音ならある程度は我慢するでしょうから、静音対策はいつも発生している音を中心に進めます。自作ユーザーなら、全て自分でパーツを調達するのですから、なにからどのような音がするのか、理解していると思いますが、メーカー製のパソコンならば、漠然と聞いただけでは、それはなにか掴めないと思います。

正常な状態で一度ケースを開けて(コンパクトPC以外)、できるだけ個々の音を判別できるようにすることをお勧めします。ファンの寿命や製品不良のためうるさくなっていったり異音を発する場合もありますし、ハードディスクも故障のため音が変化することも多いです。また、徹底した静音化のためには、個々のパーツを単独で稼動し個々の騒音を確認することも必要です。(他のパーツのファンを短時間止めるなどして確認します)。

それでは具体的に、分析していきましょう。
T CPUクーラー
もともとついているものは、標準的な大きさ(一辺が5〜6cm)のものに、薄型で高回転なファンがついているはずです。また、市販のクーラーもそのようなものが大勢です。そのため、甲高いプーンといった音がケースの外からも聞こえますか?その音がそうです。いちばん目立つ音になっていると思います。
【対策】CPUクーラー(ヒートシンク)静かなファンを見つけるCPUの間接ファンレス電源と排熱ソフトウェアCPUクーラー
とにかく、大きく高性能なヒートシンクと、8cmの静かなファンの組合せを実現しましょう。
U 電源装置
ここにもファンがついています。大きさは8cmで、ブオーという音です。ファンが8cmのためCPUについているファンの音のように甲高い音ではありません。(内部に9cmのファンがある場合があります。)
【対策】静かなファンを見つける電源と排熱
V ハードディスク
ハードディスクの中ではプラッタと呼ばれる金属製のディスクが5400rpm又は7200rpmという高速で回っています。キーンという高周波高、ブーンという中低音(周期的な高低がある場合も)、振動の伝播による共振音(ブーン)いう音。複数の音で構成されるので、他の音と聞き違えることもあり、他の音に紛れることもあります。また、アクセス時にゴリゴリ音がしたり、起動終了時には大きな音がします。
【対策】SMART DRIVEの静音化ケースHDDの静音化ツール
W グラフィックカード
高機能なカードは、必ず小さいファンがつけられており、(静音化していなければ)周りの音に比べればそれほど大きくありませんが、耳障りなピー(高音)という音がします。
【対策】グラフィックカードのファンレス
・ゲームやベンチマークに対しての優位性を求めない人向けのファンレスのグラフィックカード。
 Googleで検索してください → ファンレス vga カード
ZALMANのビデオカード用ヒートシンク
 及びこれを用いたOEM製品(Ti4200、など、)
 発熱の大きいVGAカードはファンレスでも空気の流れや、PCケース内の排気は必要ですので、
 十分注意してください。
X チップセット
マザーボードによっては、小さいファンがつけられており、(静音化していなければ)グラフィックカードと同様、周りの音に比べればそれほど大きくありませんが、耳障りなピー(高音)という音がします。
【対策チップセット
Y DVD/CD
【対策】繰返し使うものは仮想CD化した方がいいでしょう。これ以外では再生時速度を変更する方法や、防音シートを被せたりなど…
私も、本当に静かなドライブがほしいです。

現在は以下の製品を使用していますが、今まで購入した中では比較的静かです。
(追加2002/8)
CD/RW→TEACのCD-RW540E(始めはうるさいが徐々に静かになる)
DVD→PIONEERのDVD500M


[HOME]