ヒートシンク − 静音化の鍵

静音PCの最大のポイントはファンの回転数を落とし(あるいはファンレス)、そのかわり
排熱効率のよいヒートシンクを使うことです
。つまり一番重要なのは表面積の大きさです。
次に重要なのは熱伝導性の高い素材でフィンの先まで熱を伝えること、そして出来れば
取り付けやすいものです。(忘れてました、一番大事なのはヒートシンクとしての設計です。)



そのまま使えるCPUクーラー(ソケットA、ソケット370、P4)
 静音だと、普通はファンを替えたりするのですが、ZALMAN CNPS3100-PLUSはそのまま使えます。
 付属の抵抗入りのケーブルでは回転を落とせば、ファン自体のノイズも少なく、
 ファンもヒートシンクとは別に付けますから、振動が伝わりません。
 ただ抵抗入りのケーブルを使うには、発熱の多いCPUでは無理かも知れません。
 (ソケットA、ソケット370、P4)
 http://www2.tenbi.net/selling2/


8cmのヒートシンク(ソケットA、P4) 
8cmのヒートシンクによって、従来ではできなかった低風量&高効率の冷却が可能になりました。もともとはオーバークロッカー用なので付属のファンは強力で使えませんが、ファン無しのモデルがあるものもあります。
以前はSwiftechのMC462Aが8cmという大きさで最強のものでしたが高価であり、 現在は価格的も手頃なAlphaのPAL8045が最も推奨されます。
http://www.micforg.co.jp/jp/c_pal8045.html
http://www.dospara.co.jp/review/new/2001/1206/index.html(参考)
P4用には改造品のPAL8045SPがありましたが、正式にPAL8942が登場しました。
サイズも8×9cmと1cm大きくなりました。
http://www.micforg.co.jp/jp/c_pal8942.html 

(H15/1 追加)
ファンレスの巨大なヒートシンクです。
NCU-1000
私も使ってみました。
MYuさん、としさんも使用されています。→静音ギャラリー参照

この情報はMYuさんからのご紹介です。
ZALMAN CNPS5700
同じ静音ファンで比較したところ、PAL8942よりも冷えるとの事です。
もともとのカバーもついていますが、ダクトとも相性が良さそうです。

これらはマザーボードの裏から4つの穴にねじで固定するもので、締めすぎるとマザーボードがしなり最悪壊れます。均等に締めて、マザーボードをしならせないように取り付けてください。 
以前、ARKSir-8040Fh(ALPHAの8CM)を取り付けた際、締め増しをしてマザーを破壊してしまっことがあります。
ソケットAではつかないマザーボードがかなりあります(以下参照)。http://www.micforg.co.jp/jp/mb_inf_pal8045jp.html、
しかし、ヒートシンクの角を1o(100円の鉄鋸で)削れば、A7V266などは付けられます。もっと削れば大体はつけられると思いますが、ファン穴をひとつ失います。
ちなみに、MC462Aのほうが、段差側で3o短いです。
これに限りませんが、重量級のヒートシンクをつけたまま輸送するのは危険です。 
メーカー製・SHOP製のパソコンは、このような重量級高性能ヒートシンク使えずファンに頼った冷却になります。つまり、自作(改造)ユーザーだけが重量級のヒートシンクを使うことができ、静音のアドバンテージとすることができるのです。


▲上記の8cmのものは、ソケット370では使えませんし、ソケットAでもマザーボードを
 選びます。そこで一辺が6cmのもので、有力だと思うもの.。
 通常では6cm→8cm変換アダプタを使い、8cmファンを取り付けますが、
 ねじが合わない場合もるそうで、対策等、検索サイトで探してください。
 (私は排気ダクトなので、この問題はわかりません。)


 ・kanie製は純銅製の割には値段が安く、平均以上のクーラーであることは間違いないです。
  最近Hedgehog typeW(WING)を購入しましたがまだ使っていません。
  問題は貯熱性が高く温度が上がりにくい分、冷めずらい点です.。
  (この特性を好まないユーザーもいるようです。)
  http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1225/kanie-j.html1


 ・Taisol製の銅埋め込みクーラーが安く出回っているそうです。
  ダクト排気に向かないので購入経験はありませんが、有力だと思われます。
  http://www.sne.ab.psiweb.com/KINGOFCPUCOOLERS.htm


 ・SwiftechのMCX370
  ファン無しのモデルもあり、良く冷えると評価の高いヒートシンクの改良版です。
  取り付け方が独自のもので、ネジを締めて装着しネジを弛めばねの力で固定する
  もので、非常に便利であり安全性も高いです。
  http://www.swiftnets.com/
  http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20010915/ni_i_fn.html


 ・サーマルコンポーネントの80E×60×80ファンレスヒートシンク
  フィン間が8mmと非常に広い、ファンレスもしくは微風を意識した設計になっています。
  電源ファンの余力を使う考えだと思うのですが、CPUも含めケース内で発熱するものを
  制限した場合は電源ユニットのファンもある程度押さえられると思いますが、電源の改造
  無しに使う場合はどうしても一般的な静かさ止まりとなります。
  http://www.fluminum.com/
  これを取り付けてファンレスにしても、排熱は必要です。通気性に特別な配慮が必要に
  なりそうです。


▲底は6cmで上部が8cmのクーラーがいくつかあります。
  購入経験はありませんが、変換アダプタなしで8cmファンが使えますので有力と思われます。


▲自作のヒートシンク
  静音系でも、ヒートシンクや排熱システムを自作されているユーザーもいます。
  LINKSから「快適なPC(早くて静か)へのトライ」と「静音願望〜あぶさんの工作室」を
  見てほしいと思います。真似をするのは困難ですが、とても参考になります。



 

[HOME]