ハードディスクの静音化

smart driveを超える静かさを手に入れる方法

 
【参考事例−2 設置方法U】

この方法は箱の寸法が難しいです。

上記の方法では、Smart Driveから漏れる音が、ケース全体に拡散してしまい、電源からの排気騒音をかなり大きくしてくれます。いくら、吸音材で対策しても、まだ不満がありました。

そこで、もっと強力に騒音を押え込む方法はないか?と思い立ちいろいろ試しましたが、5mm厚のゴムの箱にSmart Drive入れると、かなり良い効果がある事がわかりました。しかも安価です。(100×10cmで370円)

この箱の外側にもゴム板を入れ遮音性を高めています。

これに、吸気・排気用の道筋として排水ホースをつけ、背面吸気、電源付近にホースの口を置き、暖まった空気を排出させます。騒音の漏れる面積を最小に押さえていますし、音を背面に遠ざけています。
下部ホース





上部ホース用の穴
5mm厚のゴムは自立しない
のでベニヤ板等を貼って使います。
2cmのスポンジ+アルミ板+すぺり止め
下部ホース用の穴

[HOME]