5年前に小さな苗木で植えた”ハンカチの木”
枝にハンカチを引っ掛けたような花が咲くというのでコノ名がつけられたらしい

いまでこそメジャーになったこのハンカチの木
当時はどんなものかもわからずただ名前に惹かれて買ったんだった・・・
それから毎年楽しみにしていたのにハンカチのような花は咲かず・・・
花屋で「おぉ、コレがハンカチなのね」と見たことはあってもうちのハンカチの木にハンカチが咲くことはなかった

ひょっとしてうちのはハンカチの木ではないのだろうか
ハンカチの咲いている葉と違うような気もするし・・・
もしかしてオスとメスがあってうちのはハンカチの咲かない種類だったんだろうか・・
・・・と思いつつ
春になったら新芽が出て勢いよく葉が出てくるコノ木は大好きで切らずに3メートル近くに成長した

そして今年
ついに「ハンカチ」は咲いた

でもなんだか葉っぱと同化してよくわからんのだが・・・・(爆)

遠くから目を凝らしてみるとミドリの葉っぱにまぎれて白い布が引っかかっているように見えるかなぁ?
うふふ
コレがハンカチに見えるかどうかは別にして5年目にして初めて会えたお花には違いありません
かわいいもんです(*^^*)


2003年4月撮影











*******************************************************

春が近づいてきた〜
庭が少しずつ色づいてきました

植えっぱなしの水仙やヒヤシンスやムスカリが顔を出し
改めて自然はすごいと実感中♪


今年仲間入りのクレマチスの一種・・・
あれ・・?名前忘れた(爆)

支柱はうちのレモンユーカリの枝を落としたもので作りました





2003/3 撮影