阪神大震災の年から神戸復興を願って点灯された光の希望
今年もまた出かけることが出来ました

今はもうあの震災の爪あとを探すことの方が難しくなっているくらい整備された町並み
でもまだ何人もの人が仮の住まいにいて
失ったものの悲しみの中で生活する

震災直後に救援物資を運び 2ヵ月後には丁度ルミナリエが開催されているところを歩いた私は
7年の月日が流れても あのときのにおいや音・・悲しみの空気が忘れられない
そう・・ 忘れたらダメなんやね・・・
そして 今の幸せをかみしめたいと強く思う

2001年 フロントーネ(ルミナリエの玄関)
今年のテーマは”光の願い”
アートディレクター=ヴァレリオ・フェスティー
プロデューサー=今岡寛和(この人結構若くて男前・笑)

↑の画像にマウス当ててみてください
去年のルミナリエになります
形の違いご覧下さい
ちなみに去年のルミナリエのページは
こちら


いつも大丸前から東に進んでいく 去年までそうだった・・・
今年は明石の花火事故があったからか 警備の凄さ・・ったら・・
でもこれくらいしないと群集はまとまらないのかも

まず大丸前からルミナリエの開催されてる通りの2本北の道を
東へ進まされ・・・そしてかなり歩いて一本南下し西へ進む
大丸前にやっとこさ戻ってから光のアーチへと・・・
汗かきましたわ(笑)

でもやっぱりこの光の暖かさは見る価値あります
わぁぁ・・・キレイ・・・
ほんと その後無言になります
何万個とある電飾の一つ一つのキラキラをみんながみつめる
なんだかみんなの願いが集まった光に見える

全長270メートル
その間21基のアーチがある
アーチとアーチの間は意外と広い
さてアーチの間は何メートル?
植木算ですな(笑)
270÷(21-1)=13.5 13.5メートルです

あんまり歩いて汗かいて
ペットボトルのお茶買って握り締めております、わたくし・・

最後のアーチには真中のデザインが違う
フロントーネからもそれが見えてとてもキレイ
大勢の人が歓声を上げながらゆっくり進む
私はその中で少し一人の世界に入りました(笑)

今年に起こった色々な出来事がでてきました
ひょっとしたらこの光に今年は会えなかったのかも・・
そう思うとその光が涙で滲みました
(ココだけの話 その滲んだ光もすごくキレイ・笑)
でもこんなことで泣いてるとこでも見られた日にゃ
すぐからかう悪友達と一緒だったもんなので
気づかれぬよう涙拭いて堪えたんですけどね、あはは

また来年も元気でこうやってこの悪友達と一緒に
この光を見上げられますように・・
そう願ってきました