夫は仕事でよく中国に行きます
上海 西都 ハルピン・・・
現地に知り合いも出来 美味しいものを食べに連れて行ってもらったり観光客がいけないようなところに行ったり・・
中国は今すごい速さで変わっていってるといいます
ココ1年でも上海の街の変わりようはビックリするくらいだといいいます
何がなんでも今 子供達にこの街を見せておきたい
中国でありながら西洋の植民地であった上海はどこか中国の中でも変わった香りがします
でもどんどん古いものを取り壊し道は整備され中国のよさが消えていく・・
それはよそからきた私たちが残しておいてほしいと思うことがエゴなのかもしれないけれど
今行かないと上海は日本の東京となら変わりなくなってしまう
丁度 受験も済んでこの時期いけるね・・とビュンとひとっ飛び♪
家族4人のチン道中です

空港降りてタクシーで市内へ・・・
そのときにあら (*・。・*)
コーラの看板発見
誰だかわかんないけど この人はきっと中国ではアイドルなんやろうなぁ
キレイなお顔してるよね?
きっと中国のキムタクに違いない!(笑)

以後街中でこの看板見かけたらレイが
「あ〜、中国のキムタクや〜♪」と叫びました

タクシーで30分
宿泊するホテルにつきました
中国って車の運転粗い〜〜〜〜
車線変更なんてよぉまぁこれで事故起こらないわね・・と感心するくらいの強引さ
実際事故目撃! クラクションバンバン鳴らすしなんか叫んでるしなかなかスリリングな街でございます

王宝和飯店 (わんばぉふぉぉホテル)というところに泊まりました
4つ星ホテルで日本から予約するとバッカ高い値段だそうですが中国のお友達が予約してくれてまして
一人5000円でこんな豪華な・・・うふふ♪
しかし・・この部屋にたどり着くまで約45分
なんでって・・・?予約キャンセルされてると片言の英語で伝えられてこっちの片言の英語は無視・・・
そんなはずなーいと言ってみるものの中国語でまくしたてられ。・゜ °・(><)・° ° ・。
言葉の壁はかなり分厚く・・・その上現地のお友達はたまたま入れ違いに日本に来ていました
夫は中国の携帯電話を持っているんですけどそれから日本へ国際電話をかけ交渉してもらうことに・・・
友達様様・・コノ人いなかったら私達野宿の憂き目でございました
中国ではかなりバシンとそっちのミスじゃ!認めないぞ・・と自己主張しないと聞いてくれないのだそうです

さっそく夜の町へ繰り出します
あぁ、このネオン
鮮やかなピンク ブルー 黄色・・・中国へきた〜って感じがしません?
ここは北京大路
歩行者天国のようになってまして上海の若者が集まってくるというお洒落な通り
デパートなんかもあります
マクドナルドにローソンに・・ピザハットも人気です


ローソンって漢字で書くと↑こうなるんや〜〜〜〜
晩御飯の前に外灘見に行くからちょっと腹ごしらえ♪
注文もコトバ話せませんので適当に当たりをつけて漢字で紙に書いて示します

で・・・ここで発見
中国ではおとなしく並ぶということはありませぬ・・ちょっと気を抜くと横入りは当たり前 抜かされたほうが悪いのです
誰も文句言いません・・・が、私達は外国人・・いや〜ん、ぬかさんとって〜〜態度もコトバも通じません
抜かされないように必死であります(笑)

中国で言うと餃子は水餃子のこと・・
入ったところは水餃子の美味しいところ(本で調べておいた)↑の赤いメニューにいろいろ書いてあるんだけど種類がありすぎて・・・
でもなんとか3種類注文しましてでてきました
タレは黒酢 好き嫌いがあると思いますが私は好きです
香菜の入った水餃子・・・めちゃくちゃおいしかった〜〜〜
ちなみに一皿約50円です(☆.☆)

+++++++++++++++++++++++++++

上海外灘(しゃんはいばんど)
ここは「上海に来て外灘をみないと上海にきたことにならない」とまで言われる観光名所
租界時代に建てられた欧米様式のビルが並びその対岸には近代的なテレビ塔などが臨める
アヘン戦争でイギリスに負け南京条約が結ばれ150年前から海外に門戸を開くことになった上海
イギリスは上海で商業活動権を獲得し黄浦江西岸に広がる湿地帯を造成して商館や住居を建設していったのが外灘(バンド)の始まり
その建物を利用したホテルも重厚でいい感じ
夫はそこに泊まろうかどうしようかめちゃくちゃ悩んだそうですが今回は近代的な新しいホテルにしました
でもそこは毎晩ジャズの生ライブもあったりするそうで・・・
さすがイギリスの植民地・・って感じですね
今度はそこにも行ってみたい



とおりのそこそこにはいろんな屋台が出てたりお店もたくさん
とおりのそこそこにはいろんな屋台が出てたりお店もたくさん
どうも上海ではおでんが流行っているようで・・・
串にさした大根やこんにゃくがぐつぐつと煮えておりました
そのよこにはスイカやパイナップルの串刺しも・・・
でも生ものは食べないようにしようと・・やめました

タクシーに乗って夫が連れて行ってくれたレストランは大きな店内で店員さんはローラースケートはいてます
そこに行くまでの道はさっきの大通りとはうって変わって少し怪しげ・・・
ここで車が止まったら身包みはがされるのでは・・?なんて思うくらいです
実際上海は治安いいらしいんだけどね

ここはかなりの高級店だそうです
中国人はみんなかなり気張ってきている様子
いけすの魚やエビ類をテーブル付きの店員さんが一緒に回って
選んで調理方法なんかを決めます
・・・が、しっか〜っし
ここでも言葉の壁は厚い・・・

ツアーで行けばコトバはいいけど自分の行きたいとこは制限される
個人で行けばコトバの壁・・
どっちを選ぶかですな・・・

← 野菜なども並んでいまして選んで調理方法を指定
基本的に上海料理は素材の味を重んじるそうです
4人でたらふく食って飲んで約5000円・・・
これで高級料理店なんだもん・・すごいな・・
お味?めちゃくちゃうまいっす♪


↑右の写真はタクシーから撮った怪しげな店・・・(笑)
何屋さんかわからないけどポツンとあるのに人だかり・・・・
周りがゴミが散乱してたり空家だったり・・・
賑やかで華やかなところとの差が激しい

ホテルに帰り子供達置いて夫が以前に行って感激したマッサージやさんへ・・
表は普通の理容店
2階に上がればマッサージ・・(コレいたって普通のマッサージですぞ・笑)
2時間たっぷり頭の先から足の先まで丁寧なマッサージしてくれて1500円(値段ばっかで申し訳ないけどあまりの安さに感激)
ただ・・かわいい女の子が言葉わからないのに一生懸命話し掛けてくれる
挙句のハテ紙で筆談
あぁ、ちょっとでもコトバ勉強していったらよかった・・・
夫も本当に片言しか話せません
2人であぁだこぅだとボディーラングエージ・・・ かえって疲れたかも(笑)