写真館 別館


すこ〜し昔の鳥取のバス
 → 6.その他高速・急行バス
  → 東京行「キャメル号」 A

1988(昭和63)年5月17日、日ノ丸自動車・日本交通・京浜急行電鉄(現 京浜急行バス)の3社共同運行により、鳥取・米子〜東京線「キャメル号」が開設されました。

 
当時の「キャメル号」のパンフレットです。

 
運行開始当初、品川の乗り場はホテルパシフィック東京前でしたが、1989年1月に品川バスターミナルへ変更されました。

 
「キャメル号」の愛称は、鳥取砂丘の観光用ラクダ(Camel)からとったものです。このパンフレットでは「ラクダ=楽だ」とかけて、ゆったりとした座席等の車内設備を紹介しています。


前へ戻る    次へ進む


「6.その他高速・急行バス」目次に戻る



「すこ〜し昔の鳥取のバス」トップに戻る


Copyright(C) 鳥取百円ワンマンマン◆scAgi55TNE / All Rights Reserved
1615487