写真館 別館


すこ〜し昔の鳥取のバス
 → 7.その他鳥取のバスあれこれ
  → 高架化前後の鳥取駅前

1978(昭和53)年11月8日、鳥取駅は高架化されました。その後、地上駅時代の旧駅舎や線路は撤去され、その跡地に現在の駅北口広場やバスターミナルが整備されました。


地上駅時代の鳥取駅前(1970年代後半撮影)。駅舎や待機するタクシーの車種に時代を感じされられますが、日交バスの塗装は現在と同じです。


地上駅時代の鳥取駅ホームから西側を望んだ写真。列車の背後に写る鳥取大丸とホテルニューオータニの建物は、2015年現在も変わらぬ姿で健在です。


鳥取大丸から地上駅時代の駅舎を望んだ写真。当時は、運行会社(日本交通・日ノ丸自動車)や行先によって、バス乗り場はバラバラでした。


1978年に高架化された鳥取駅(画面奥)。高架化直後は駅前から旧駅を通り抜ける仮設通路が設けられました。



その後、旧駅舎や線路は撤去され、跡地は駅北口広場やバスターミナルに生まれ変わっていきました。


前へ戻る    次へ進む


「7.その他鳥取のバスあれこれ」目次に戻る



「すこ〜し昔の鳥取のバス」トップに戻る


Copyright(C) 鳥取百円ワンマンマン◆scAgi55TNE / All Rights Reserved
1615479