写真館 別館



鳥取のバス 2008(琴浦町営「ことうらバス」 A)

2004年9月に東伯町と赤碕町が合併して発足した鳥取県東伯郡琴浦町の町内路線バスは、町が日ノ丸自動車の貸切部門に運行を委託する「貸切代替運行」で維持されてきました。

しかし2008年5月1日より、琴浦町内路線バスは町がバスを保有し直接運営する「市町村運営有償運送」となりました。なお運行業務は、引き続き日ノ丸自動車が行っています。

運賃は全線 100円均一(大人子供とも)です。


琴浦海岸線は旧街道(山陰道)を経由し、赤碕と浦安を結びます。狭隘区間が多い為、専用の小型車が充当されます。


小型車の車内。市販のワンボックス車ですが、放送機器や運賃箱等を備えた立派な「ワンマンバス」です。


浦安駅前を発車する「アプト」行。「アプト」とは八橋地区にある複合商業施設です。


運行形態は変わりましたが、時刻や運賃に変更はありません(2008年5月時点)。但し「琴浦町営」の為「日ノ丸バス」の回数券や定期券は使用不可となりました。

前へ戻る    次へ進む


「鳥取のバス 2008」トップに戻る



トップページに戻る


Copyright(C) 鳥取百円ワンマンマン◆scAgi55TNE / All Rights Reserved