写真館 別館



鳥取のバス 2011(日本交通エアロスターM 全車引退 @)

1984(昭和59)年、三菱ふそうは一般路線バス新モデル「エアロスターM」を発売開始。 日本交通も、1985(昭和60)年3月末で廃止された国鉄倉吉線の代替バス用を皮切りに、1992(平成4)年までの7年間に多数導入しました。

ピーク時には 90台近いエアロスターMが鳥取・倉吉・米子の各地区に配属され、日交一般路線バスの顔として活躍しましたが、老朽化に伴い徐々に引退。

そして2011(平成23)年夏、鳥取と倉吉に残っていた各1台が引退し、エアロスターMは日交から姿を消しました。


三菱ふそうエアロスターは、角張った車体の「エアロスターM」と、丸みを帯びた車体の「エアロスターK」があり、鳥取県内一般路線用は「エアロスターM」の前後引扉が採用されました。


エアロスターMは、巻き込み確認用の小窓が有るため、左右非対称の顔が特徴。



急勾配の大山線用として米子に配属されたターボ車。他車より窓一つ分長い車体と、「TURBO」エンブレムがその証でした。

前へ戻る    次へ進む


「鳥取のバス 2011」トップに戻る



トップページに戻る


Copyright(C) 鳥取百円ワンマンマン◆scAgi55TNE / All Rights Reserved