写真館 別館



鳥取のバス 2017(米子市「だんだんバス」新車登場 A)

米子市の循環バス「だんだんバス」は、2002年4月の本格運行開始以来、専用車両「日野レインボー」2台で運行されていました。

しかし、同車老朽化に伴い、2017年3月に2代目の専用車両「日野ポンチョ」が登場しました。

( 写真をクリックすると、新車お披露目会に出席された、よねっと君様の
 ブログ 「よねっと君が行く! かもしれない…」 の記事が開きます )

 
 

今回登場の新車は、2台それぞれデザインが異なります。日ノ丸自動車担当の「鳥取200か・695」は、黄色い「DANDAN」が目印です。

 
新車導入には、宝くじ助成金のほか、ふるさと納税の寄付金が活用されました。車体側面や後部には、その感謝メッセージが記載されています。

 
 

日本交通担当の「鳥取200か・696(日交150)」の「DANDAN」は、白文字です。


前へ戻る    次へ進む


「鳥取のバス 2017」トップに戻る



トップページに戻る


Copyright(C) 鳥取百円ワンマンマン◆scAgi55TNE / All Rights Reserved
1606071