「リサイくる梨」

廃食用油燃料の使用実験運行開始式(2005年10月1日) A

鳥取市は、2005年10月1日より赤ポンチョの燃料に廃食用油燃料(バイオディーゼル燃料)を使用するモデル事業を、鳥取環境大学と学官共同で開始しました。

※「リサイくる梨」は私が勝手にそう呼んでいるもので、公式名称ではありません※


記念挨拶をする、竹内鳥取市長。


廃食用油燃料について説明する、鳥取環境大学の吉村教授。


鳥取環境大学の古澤学長より、竹内市長に廃食用油燃料を贈呈。


注入される、廃食用油燃料。


前へ戻る    次へ進む

廃食用油燃料使用事業のページに戻る


「くる梨」写真館 2005 に戻る


トップページに戻る

Copyright(C) 鳥取百円ワンマンマン◆scAgi55TNE / All Rights Reserved